自分に合う環境で、仕事をしてうつ病にならないこう

Heart Aid

都市部を中心に増える

新型うつは近年最も増えてきているうつ病の1つで、周囲環境の変化によるストレスが大きい都市部中心に増加していると言われています。この病気は決定的な治療法が見つかっていない為、今後も研究が必要となります。

read more

労働環境が影響

今までのうつ病とは治療法も違うので注意しましょう。新型うつの症状でお悩みの方はすぐにお医者さんで相談をしてもらいましょう。

そもそも現代社会の精神治療問題の問題点とは

世界各国には精神的なカウンセリング分野が発展しており、それに基づいた薬品になるべく頼らない、その患者に知識と口頭質問を互いに行い脳の活動を初期段階から徐々に改善していくというスタイルが主流となっています。 これは精神的な問題点と、社会情勢に関連した国民の社会不安病との相互性を踏まえた学会調査や医療常識が日本などの国以外での常識であり、そこから踏まえて患者に社会に対して安心性を持たせて社会復帰を促すという手段を取っている点などが特徴でもあるという事です。 では、何故日本ではこういう考えがなく、精神的な問題点の発生の際には手遅れなどの精神重病患者にまでなる傾向が多いのかと言うと、日本の場合は儒教的なアジア圏の文化性や、労働環境の改善が成されず悪化の一途を辿っている為、とも言われています。 多くの先進国では労働環境の改善と関連して精神的なカウンセリングを受ける患者などが長期休暇を経て初期段階で体調と脳のコンディションを整える環境があります。 ですが、日本ではそれが叶わず、労働者の酷使弊害の末、うつ病などの病症が手遅れの段階にまで至るという事例が多々あります。 そして「新型うつ」などの問題もあります。

仮病と勘違いされがちでもある一種の不安症症状でもあります

現代社会の日本などでは「新型うつ」というものが話題になった過去があります。 そしてそれは「仮病」と多くの日本人は誤認している傾向が強いのですが、それは詳しく調べない上での誤認であり、無知の間違いでもあると言えます。 「新型うつ」などと言う名前が当てられ、そしてそれを「甘え」や「仮病」と位置づける人々も多いですが、これの実態はうつ病患者になる最初期段階の傾向の事を指すものであり、これが悪化する事で手遅れになる脳に被害が広がった、廃人に近しい「うつ病患者」にまでなってしまいます。 そもそも「新型うつ」とは、社会不安症などの最近の労働者などに見られる企業勤めの労働現場でのパワーハラスメント問題や、セクハラ問題などからくる対人関係問題の日頃の悩みの中での問題点を指すものであり「新型うつ」という名前も厳密には間違いであり「うつ初期症候」と言うのが正しいものになります。 または、非定型うつ病などの脳にダメージがある為に発生する精神状態の乱高下の激しい精神疾患状態などを指す場合もある為「新型うつ」というワードに踊らされずに患者の精神状態を明確に踏まえる事が大切です。

怠けていると思われる新型うつ

新型うつという、最近よく伝えられるうつ病の1つではありますが、その症状は人の考え方によっては、ただ単に怠けているだけで病気でもなんでもないのではないかという人もいたりします。確かに新型うつは、いざ仕事へいかなければならないときとなると途端に腹痛や振るえなど、精神的なものからくる症状が現れてくるのですが、それ以外でのときでは元気で過ごすことができたり精神的な症状が現れてこなくなったりするため、ただ仕事をするのがいやなだけだろうと思われてしまうのです。しかし、実際にはそうではなく、本当に苦しんでいる人は苦しんでいるのです。症状を軽くするためにはその人に合った環境で働くこと、それまでに運動をしたり山登りをしたりなど、リフレッシュできるような事をしながら自分に合った環境を探していくことが大事なのです。

周囲の理解を得る必要性

まだまだ新型うつについて、理解を得られているような環境ではなく、そのため実際に新型うつに悩まされている人は、周囲の人から理解を得にくいためにさらに苦しんでしまうことがあります。新型うつがどのような病気なのか、人々に理解を得られるようにその内容を著した本を出したりしていますが、まだまだ理解を得られる環境は整っておりません。もっと、心に詳しい専門家を日本で輩出できるように、もっと人の心に関する勉強ができる環境も整える必要があるといわれております。確かに本当に怠けて病気だという人もいますが、実際に新型うつになってしまっている人は、自分自身がどうして仕事に行くことができなくなってしまっているのかさえわからなくなっていることがあるため、周囲が理解できるようになることはとても大事なことなのです。

嫌な分野で発症する

若い世代に多い新型うつはその症状に気づきにくく、嫌な分野に対して発症すると言われています。新型うつは人間関係におけるストレスが原因であるケースが多いので、改善には周囲の協力も必要となります。

read more

これまでと違ううつ

今後も注目されていくうつ病の1つに新型うつがあります。この病気はその診断も難しく、症状は甘えからくるものという考え方もあります。特に若年層を中心に広がっているうつになります。

read more

周りとの関わりが大切

社会問題となっているうつ病ですが、中でも新型うつは若い世代を中心にして増え続けています。この病気は周囲とのコミュニケーションにおけるストレスが原因で発症し、入院や休職をするケースが多くあります。

read more

違いを知る

従来のうつ病とは違うと言われている新型うつは、落ち込みや倦怠感が長期間にわたって続き、自分では抜け出すことができないのが特徴です。治療方法としては薬と精神治療を並行して行うのが一般的です。

read more